IIM工事情報

IIM-1工事作業員数

【令和6年4月14日~4月20日の作業員数(建設・設備):1,600~1,700人/日】
【令和6年4月21日~4月27日の作業員数(建設・設備):1,700~1,800人/日】
【令和6年4月28日~5月4日の作業員数(建設・設備):1,700~1,800人/日】
【令和6年5月5日~5月11日の作業員数(建設・設備):1,700~1,900人/日】
【令和6年5月12日~5月18日の作業員数(建設・設備):1,800~1,900人/日】
【令和6年5月19日~5月25日の作業員数(建設・設備):1,800~1,900人/日】
【令和6年5月26日~6月1日の作業員数(建設・設備):1,800~1,900人/日】
【令和6年6月2日~6月8日の作業員数(建設・設備):1,800~1,900人/日】
【令和6年6月9日~6月15日の作業員数(建設・設備):1,900~2,000人/日】
【令和6年6月16日~6月22日の作業員数(建設・設備):2,000~2,100人/日】NEW!

 

IIM-1建設工事及び設備工事には、非常に多くの作業員の方が、市内外から参加されます。
ピーク時となる令和6年の夏~秋頃には、最大で4千人を超える作業員の方が千歳市を訪れ、市内で生活することになります。
IIM-1建設工事では、作業員の住宅として市内工業団地に仮設の宿舎を建設しているほか、作業員の自家用車による通勤を原則禁止し、専用バスによる人員輸送を行うなど、現場周辺の交通渋滞を防止するための対策を講じています。
また、食事などについても、敷地内に食堂や売店を設置し、現場内で完結する体制をとっていますが、市内の様々な施設で利用者が増えることが予想されます。
事業の円滑な推進に向けて、市民の皆さんのご理解とご協力をお願いします。

IIM-1建設工事に関する作業員数の見込み

※グラフは、令和5年7月に鹿島建設株式会社から提供されたデータを元に作成しています。
※数値は見込みのため、今後変動する可能性があります。